上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
みなさんこんにちは。

先週の金曜日、REVスピードの取材で埼玉県の本庄サーキットに行ってきました。

取材商品は発売されたばかりのS1ダンパー Z34。

z34のコピー



乗っていただいたドライバーは菊池靖さん。
本庄Blog①


まずはサーキット周辺を普通に走っての街乗りインプレ。
戻ってきた菊池さんが開口一番「かなり快適だよ」とのコメント。
減衰は20段調整の真ん中。ノーマルより全然良く、まるでクラウンに乗ってるような感じとの事。
菊池さん的には「もう少し上げても全然平気」と言ってました。

で次はサーキットインプレ。
減衰は20段調整の2段戻しの高めのセットでスタートし、途中で減衰を一番上げて走行。
菊池さんのインプレは・・・・
街乗りのフィールのままサーキットも走れた。でも減衰を上げているからシッカリ感がちゃんと出ている。
荷重移動に対してダンパーがしっかり路面に追従している。
フロントが良く入りとにかく良く曲る。
途中でセット変更しても、その分ハッキリと減衰変化が判りよりシッカリ感が出てきた。

APEXにとっては良いコメントをもらえた取材となりました。

また20万円以下のフル仕様のダンパーとしては、かな~りコストパフォーマンスが高いとコメントをいただけました。


Z34のS1ダンパーですが、Z33同様にリアは直巻きバネを採用しています。
Zのリアは専用スプリングを使っている他社さんが多いですが、APEXでは専用のアタッチメントを製作して直巻きバネを使えるようにしています。

本庄Blog②


リアの減衰調整はこんな感じでアジャスターケーブルを出してもらえれば簡単に調整できます。

本庄Blog③


今月から発売されてますのでよろしくお願いします。

本庄Blog④





関連記事

06/14|広報||トラックバック(0)TOP↑
この記事にトラックバック
プロフィール

Apex広報

Author:Apex広報
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。